【松山市裏金疑惑】中村時広(現愛媛県知事)告発されていた

【松山市裏金疑惑】中村時広(現愛媛県知事)告発されていた

謎のメモを公開することで野党やメディアに持ち上げられて、一躍有名になった現愛媛県知事中村時広氏。

最近ツィッター等では、「レッグ産廃業者癒着疑惑」と絡めて中村知事のことを「レッグ中村」と名付けて攻撃しているようです。

レッグ疑惑は2015年頃のものなんですが、その前に「松山市裏金疑惑」というのがありました。

中村時広氏(松山市)が絡んでいる「松山市裏金疑惑」と「レッグ産廃業者癒着疑惑」の二つは別物なので今回は「裏金疑惑」の話題です。

参考情報:松山市長の歴史

1999年(平成11年)5月2日~2010年(平成22年)11月29日
中村時広(中村氏は元松山市長であり、現愛媛県知事)

2010年(平成22年)11月29日~現在
野志克仁(元アナウンサーで中村時広氏のバックアップで選挙に勝てた操り人形)

松山市裏金疑惑

ざっくりいうと、2001年~2005年に、松山市が発注した工事の代金に上乗せする方法で裏金が作られ松山市職員を通して政治資金に使われたという疑惑。

孫請け会社職員の証言・告発等ありで新聞でも取り上げられ、議会でも話題になっており細かい数字も出てきているので信憑性は高い。

http://megalodon.jp/2011-0304-0813-08/www.ehime-np.co.jp/news/local/20110304/news20110304342.html
松山市工事で「裏金」か 元市職員関係会社

http://megalodon.jp/2011-0305-1030-27/www.ehime-np.co.jp/news/local/20110305/news20110305356.html
新たに4件2400万円 松山市工事裏金疑惑

多くの人が関わっている事件ですが、誰の政治資金に使われたのか?と考えると、行き着くところは当時市長だった中村時広氏とその子分たちしかいないじゃん。という疑惑なのです。

これに対して、工事の入札当時、松山市長を務めていた中村時広氏と助役を務めていた稲葉副市長はいずれも「知らない」としています。

何も知らない第三者からしてみたら、中村時広氏が関与してる情報源が欲しいところですよね。

今は反安倍勢力としてメディアで持ち上げられてるから攻撃を受けやすい立場の方なので、こじつけられてるだけなのかもしれないですし。。

ここでひとつの話題として出てくるのが、「伊予国盗り物語」という個人ブログ。

そこで公開されていた当時関係者にまかれたという「裏金に関する告発文と資料

お知らせ

施工工事一覧表

これは、裏金問題の告発文なのですが、1枚目には、

お知らせ

市長の政治資金を捻出するとして、稲葉(副市長)が政治資金を集金した工事

と書かれているんですね。

もちろん、これは公文書ではなく”個人のメモ“に過ぎませんので、怪文書扱いされていますが、2枚目の資料の内容や、告発文の数字等がのちの報道と完全に一致するので、信憑性が非常に高いと言われています。

少なくとも中村時広氏が当時疑惑を持たれていたのは確かなのです。

http://megalodon.jp/2011-0306-1159-38/www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201103061648.html

県知事の中村時広氏は「証明はできなかったが、就任当初、市OBが何らかの役割を果たしているとのうわさがあり、対策を取った」と、疑惑発覚後に報道陣に語っている。

中村氏の松山市長就任は1999年。同市発注の下水道工事で、長年にわたって不正が行われていた可能性を類推させはしないか。

中村時広氏は当時、OBの仕業を匂わせているけど、

https://archive.li/DuYXY

―「裏金づくり」の経緯は。

2001年ごろに元市職員と公営企業局課長=当時=から「仕事をやらんか。力を貸してやる」と言われて信用し、ASKを設立した。最初は裏金づくりをしていなかったが、(市幹部に)政治資金を渡していたという課長が死去し、元市職員が「自分に役割が回ってきた。どうにかしてくれ」と言ってきた。工事代金から裏金を捻出し、その8割を渡した。

裏金を作るための孫会社の設立は2001年4月で、中村時広氏の市長就任後なんですよね。

この裏金を作った孫会社ASK社長の発言はいろいろ分かりやすい。

ちなみにこの疑惑、その後どうなったのかというと、

市が委員会を設置して「問題なかった」という結論で解散。

という茶番で終わったそうです。

中村時広氏の後任の野志市長は、中村からの地盤を引き継いで当選した中村チルドレンです。

調査する委員会の代表は宇野浩(維新の会)で、松山市議では与党にあたるわけで「茶番だ」と野党から批判は出ていた模様。

2012年3月20日
http://blog.jcp-ehime.jp/?eid=207
調査特別委の廃止可決/市議会が疑惑解明を放棄/松山市「裏金」疑惑

http://www.tokiyoshi.sakura.ne.jp/date/11.08.pdf
「裏金疑惑は無かった」とする松山市発表の茶番・・梶原時義

これはまさに、1年前にあった2chの書き込みの通りになったというわけです。

159 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 18:59:17.46 ID:qU6CjsA40

松山市発注工事の裏金疑惑 調査委設置へ

>松山市発注工事の孫請け会社を舞台にした「裏金」捻出疑惑で、市が複数の関係部署職員に

>公認会計士などの外部有識者を加えた調査委員会を設置することが7日、市関係者の話で分かった。

>【市は既に人選を進めており、】14日に開かれる市議会環境下水委員会で調査方針を発表する。

>>疑惑の当事者が【人選】ですかw? カネも返さず『問題は無かった』で終了決定してるやんw

160 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 19:11:39.05 ID:CpSnp2+T0

当事者に都合のいい人だけ人選して

うやむやで終わりそう。

本当にうやむやで終わってる。。

学校のいじめみたいに告発者がいようとも、松山市のトップ(県警含む)が力を合わせれば隠蔽などたやすいのかもしれません。

公文書でもないメモや、疑惑ってだけで証拠が出てこないんじゃこれ以上どうしようもないですね。

という話でした。

ついでに、レッグ問題も最初は中村時広氏に繋がる情報源が見つからなかったので、”こじつけ”なのかと思ったら、言うほどガセでもなさそうなので、また次の記事にします。

参考

https://archive.li/gFRSM
愛媛新聞の松山市「裏金」疑惑関連の記事魚拓

http://seesaawiki.jp/w/yik21/d/%B0%CB%CD%BD%B9%F1%C5%F0%A4%EA%CA%AA%B8%EC
伊予国盗り物語(現在は削除)の魚拓 (文体からしてクセがあるので全体的に怪文に見えるのだけど、秘書が書いたのでは?と関係者が言うほど内容が正しいとの事)

https://ameblo.jp/koden1992/entry-10825938408.html
その真偽はわからないものの、某新聞社の友人によると、あまりにも描写が詳細なため、秘書などが疑われたほどだったという。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!