政治分野における男女共同参画推進法。こ…こんなのが倍増するの?

政治分野における男女共同参画推進法。こ…こんなのが倍増するの?

2018年5月16日、「政治分野の男女共同参画推進法」が参議院で成立したんですけど、いかんせんニュースでの話題は、日大と相変わらずモリカケばかりであんまり深く伝わってないですよね。

内容は、「選挙で候補を擁立する際、なるべく男女を均等にしようぜ」という事なんですけど、そもそも今まで男だから女だからって決めていたわけじゃないんですよ。

勝つか勝たないか?それ以外にないでしょう。

じゃあ、何の為に法案として成立したかというと、「女性政治家、歓迎ですよ」というPRの効果を狙ってだと思うんですよね。

だから反対する理由が無く全員一致で可決したのでしょう。
変に反対すると男尊女卑だの、男女不平等だのとわめくバカもいますからね。

さて、そうなってくると全国の女性に呼びかけないと全く意味が無い。

むしろ、立候補したいという女性が増えなければ女性が優遇されて男性にとって不利な不平等な法案になってしまう。

例えば〇〇県一区で、「立候補したいです」という人が男性5人、女性1人だったとします。
全国区で割合を考えたらここは女性でいかなきゃという事で、女性が能力問わず候補者に選ばれちゃうわけですから。

これは明らかにおかしいですよね。

まさか、最初からポッと出の女性は三バン(地盤看板鞄)が無いから当選しづらいと見込んで自民党の議席を減らそうとしているのが目的とかは無いですよね?

女性が「立候補したい」「政治家になりたい」と志してもらえるようになるには、やっぱり日本で活躍している・名前が売れている女性政治家が輝いてるってのが一番なんですけどね。

思いつくのを並べてみたらこりゃ酷い。。

政治分野における男女共同参画推進法。こ…こんなのが倍増するの?

やっぱり、現役の女性政治家に憧れて立候補というのは無しで、「私がやらないで誰がやる!」という気持ちで女性立候補者が増える事を期待します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!

少しでも気になったらこの漫画をシェア&ツイート!