麻生辞任or柳瀬証人喚問までやりきれや!国会に戻るとは情けない。。

麻生辞任or柳瀬証人喚問までやりきれや!国会に戻るとは情けない。。

野党6党が国会をサボって19日ぶりに復帰するって事が、あまりニュースになっていないので、政治に興味の無い多くの人は「呆れ」や「憤り」さえも感じていないかもしれないので、解説しておきます。

モリカケ問題への追及で、メディアによる安倍降ろしのバックアップもあって、官僚の不祥事でも政権にダメージ与えられるぞ!となって官僚の不祥事を漁りまくった野党。

そこで見つけたのが福田財務長官セクハラ疑惑で、

財務省=財務大臣=麻生降ろしだ!

と、盛り上がって「mee to」運動など恥ずかしい運動を起こしていたわけですね。

麻生大臣は、今韓国が熱望している日本とのスワップに対して「するわけねーだろ!」って立場なのでそれも背景にあるのかもしれませんね。

そして、一気に盛り上げるぞ!と始めたのが、

  • 麻生大臣が辞任
  • 柳瀬元首相秘書官の証人喚問
  • 森友文書改ざん 調査結果の報告
  • 自衛隊日報問題 真相解明

これらを求めての、ボイコットという名の国会サボり。。

学校で先生にムカついたとかで授業を放棄するようなものですかね。

上記4つのどれかが満たされれば戻ってくるのか、その辺は曖昧でしたが、「審議拒否」で国会に来ないというのは政治のやり方の一つではあります。

ただ、これ、そもそも与党と野党が拮抗していたら効果はあるのですが、与党が強い今、「別に、居なきゃ居ないで進みます」という状況に。

だから、普通に国会が正常に動いて審議もどんどん進んで行っちゃった。

誰もが、「ゴールデンウィークを理由つけて伸ばしたかったのかな?」と思うだけで批判する気もなかったんですよね。

野党としては、国会をサボる事でメディアに多く取り上げられて、”麻生降ろし“が盛り上がる見通しだったんですよね。それ以外にサボる理由が全くない。

ところが、TOKIOの山口メンバー事件という爆弾が落っこちて、メディアがTOKIO一色になってしまった!!

これで台無しになったという論調があまり見られないのだけど、もうこれに尽きますよね。 凄いタイミングで世の中がTOKIOで染まってしまった・・ しかも内容もちょっとカブってる(涙)

メディアとしても、福田セクハラ問題は”取材方法”にも矛先が向けられるのでそこまで乗り気じゃなかったのかもしれませんね。そもそも麻生辞任まで持っていくのは無理があるし。

立憲民主党の辻元清美が「局面が変わった」「ギアチェンジです」みたいな事を言っていましたが、政治的な面では何も変わっていない

変わったとするとメディアによる安倍降ろしがいったん無くなってしまった事くらい。

メディアが煽って印象操作をしなければ、普通にただサボってるだけ。

野党は涙目。。。

「やべーよ・・ウチらいなくても国会は正常運営してるし、足引っ張ってるだけってバレる・・早く戻りたい」

ゴールデンウィーク中、ずっとこう思っていたでしょう。

「早く戻りたい・早く戻りたい・作戦失敗だ・・もし戻る席があるなら戻りたい・・」

で、5月8日のニュースでやっと「19日ぶりに国会復帰」とひっそりと記事になっていました。

「柳瀬元秘書官が面会していた事を認める方向」という与党からの譲歩に簡単に「助け舟や」と乗っかった感じなので、そうなってくるとこの後、追及しづらいんじゃないですかね。

ツィッターなどで、普段から反安倍で野党を応援するツィートをしている人達からも

「情けない! 麻生辞任か、柳瀬を証人喚問するまで頑張れ!応援するぞ!」

等と、「まだ戻るんじゃない!」といわれてる様子。

これには賛成。国民全員が賛成してるって状況。

野党はもう国会に戻って来なくていいですよ。

それにしても辻元清美「今までは対話のための圧力だった。粘ってよかった。」ってアホな発言・・・、これ許していいんですか?

ズッコケすぎて呆れられて許されてるけど、国会をサボるという大胆な作戦に出て、完全に失敗してるわけですから、そこは責任を取るなり謝罪するなりしないと本当はいけないと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!