希望の党の半分は民進党でできています

希望の党の半分は民進党でできています

民進党の議員たちが今回どう分散したか?
10月9日の段階では、

  • 希望の党から52人
  • 立憲民主党から15人
  • 無所属から22人

つまり、希望の党からの出馬が一番多い

民進党の濃い顔の面々は「民進党のニオイが強い」という理由で(政策の違いなんてのは建前)希望の党に入れてもらえず、立憲民主党を立ち上げたわけだけど、実際は民主党=民進党=希望の党と言っても過言ではない。

それに新人議員が90人くらいでしたっけ。 

もちろん、「小池百合子の政策を応援するから、ポンコツ議員でも小池百合子の犬となるのであれば数として必要なので私は投票するよ!」というのは一つの考え方だと思う。
実際、都議選は新人ばかりでも小池派が圧勝。

ただ、実際そのやり方では都政が上手く進んでいないわけだからポンコツ議員はやっぱりダメだよね。

民進党の支持率は過去最低の6.6%で解党やむなし。
このままじゃ選挙に勝てないという状態だったのに、希望の党に入ったら急に何かが変わるのか? 

ちなみに小池百合子の街頭演説は「安倍1強政治を終わらせよう」というのがメインだった。 

「安倍憎し」しか言わずに、安倍の何が悪いのか国民に全然訴えようとしない姿勢が野党のダメだった所なのにアンタもかいな・・・と。
これはガッカリでしたね。
むしろ公明党並に自民党と連立するのかと思ってたのに。
これも民進党の血が混ざっているということなのか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!