今こそ拡散を!電波オークション政府が導入検討

今こそ拡散を!電波オークション政府が導入検討

ついに来た、「政府、電波オークション導入検討」これは全力で拡散しなくてはならない!
http://www.sankei.com/politics/news/170912/plt1709120003-n1.html

そもそも電波は、国民の財産・税金を投資して整備したものなのに、テレビはとんでもなく安い価格で利用しているということが国民には広く伝わっていない。

テレビ局の「格安電波利用料」最新データ
これが分かりやすかった画像。

ちなみに産経新聞の記事によると、平成27年度の電波利用料金の収入は総額約747億円
これは国民に返ってくるお金と考えましょう。
これが増えればその分消費税等の税金負担が減ったり、社会保障に回せるはずなんです。

同じ電波を利用しているソフトバンクやドコモは、150億~200億円近く支払っており、テレビ業界が支払っている5億円なんて事業収入を考えるとタダ同然。
そもそもNHKの21億円って国民から徴収した金じゃないか!
民放とこれだけ差がある時点だけでもおかしいのが分かりますよね。

で、旧民進党時代に「電波料金をオークションにしようよ」という案が一度出ていたんですよね。
しかし、テレビ局が不利なこの情報を流すはずもなく、当時の自民党の反対もあって流れてしまいました。。

電波オークションはその名の通り、価格をオークションにかけるって事ですよね。
そもそも現在は「実質新規参入が出来ない」ようになっているんです。これ自体がもうヤバいですよね。。

政治家もテレビ局を味方につけた方が選挙に有利になるので、国民の一部が「おかしい!」「電波オークションをするべきだ!」と言い続けても、無視されてなかなか変わらなかったのが、ここにきてふっと沸いてきた。
これは朗報中の朗報。

安倍政権としては、

「これだけ反安倍なんだから、電波利権守る義理もない

って事なんでしょうね。

個人的に思うのは、これが単純な脅しで終わってはいけないということなんです。

実現させる気はなく、チラつかせてメディアをコントロールしようとしている戦略だとしたら本末転倒なんです。

せっかく話題に上がったのだから、これを機にもっともっと国民の声を大きくして動かざるを得ない状況にしていきましょう。

知れば誰もが「これはおかしい!」と思う内容なんです。
電波オークション、国民で反対する人なんていないんです。
え?反対はしないけど、賛成する理由もない?
いえいえ、とてつもない財源が確保できるんです。
消費税10%?その前に電波オークションで財源確保しろよ! 
と、財源の話題が出るたびに「電波オークション」と国民が声をあげる風潮にしましょう。

ちなみに維新の会は国会で取り上げ続けています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!