【毎日新聞】取締役 小川一は、宮崎(自民党)の不倫は糾弾し、山尾(民進党)の不倫は擁護する偏向な人

毎日新聞取締役 小川一 宮崎(自民党)の不倫は糾弾 山尾(民進党)の不倫は擁護 偏向な人

山尾議員の不倫騒動、もはや山尾議員は終わったので今注目なのは、つい先日まで今井議員や中川議員など自民党議員の不倫騒動で散々叩いてた各メディアがこの話題をどう扱うのか?ということだ。

これで擁護でもしようものなら完全に偏向報道を認めたようなものだ。
山尾ホイホイとでも名付けようか。

バイキングでは山田邦子擁護発言をして炎上
擁護発言をする役として呼ばれたのだろう。(ちなみに坂上忍は反安倍ではなく、勉強不足なだけなのでこの件は流石に叩く側でした)

ひるおびでは「反安倍タレント枠」の室井佑月全力で擁護していましたね。

そんな中、毎日新聞社取締役「小川一氏」が完全なダブルスタンダードだと一躍有名人に。

育児休暇で注目を集めていた自民党議員の宮崎議員が不倫していたときは、辞職は当然、自民党は責任を取れと明言。これは正しいですよ。

幹事長に異例の大抜擢で内定された民進党議員の山尾議員が不倫で内定取り消しになったときは、こんなスキャンダルごときで幹事長を取り消しになるなんて残念・・。という趣旨の発言してますよね。随分テンションが違いますよね。

山尾議員は「保育園落ちた日本死ね」で注目を集めた人なのだから、主婦層の支持を落とすような行為は致命的で、宮崎議員の不倫と大差はない。

「ジャーナリズムは権力に立ち向かう」「与党=権力、野党は味方だから残念」
という狂った感覚なのだろうが、国民からしてみたら新聞も大きな権力だということが分からないのだろうか?
偏向意見する残念な人だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でいまじんをフォローしよう!